キッチンの排水管つまりをパイプクリーナーで解消

突然、キッチンの排水管が詰まってしまったら、慌ててしまう人が多いのではないでしょうか。

排水管つまりは専門業者でないと改善できないケースもありますが、場合によっては自分で直すことも可能です。キッチンの排水管つまりを自分で直す方法の1つに挙げられるのが、パイプクリーナーを使う方法です。まずは流しの蓋を外して、さらにその下にあるワントラップを取り外します。そうすることで、より液体が排水管の中に流れやすくなり結果、つまりを解消しやすくなります。この時、パイプクリーナーを流す前にボトルごとお湯につけるなどして、温度を40度から50度ほどに上げておくのがコツです。

お湯で温めることで洗浄液の化学反応効果を高めることができるためです。ただし、温度が高ければ高いほど良いという訳ではなく、あまり高温だと排水管を痛めてしまうので注意しましょう。流した後は詰まりの原因となっている汚れを溶かすために、約30分から1時間ほど放置します。この時間が経過したら、後は洗い流すだけです。

最近はより排水管や汚れにつきやすい、ジェルタイプのものも多く販売されています。より高い効果を得たいのであれば粘度の高いジェルタイプのパイプクリーナーを選ぶのがおすすめです。しかし、パイプクリーナーは完全に詰まってから使用しても、あまり効果はありません。ですので排水が少しでもできているうちに使って、排水管つまりを解消するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *