意外と知らないトイレ修理費用

トイレのトラブルが起こった場合水道会社に依頼しますが、めったに利用しないためその修理費用は意外と知られていません。

トイレの修理費用を知っておくといざという時安心して、水道会社に依頼することができます。トイレの修理にかかる費用は、トラブルの程度によって見積もりされ、依頼する会社や作業の内容によって料金が変わってきます。一例として、トイレの詰まりの場合は4千円から8千円、配管の詰まりは8千円から1万5千円、水漏れ作業は4千円から1万8千円です。

トラブルの程度が重くて高圧洗浄や専用器具で作業を行った場合は1万5千円から十万円、便器を交換すると3万円から5万円になります。その他、作業費用に加えて基本料金が2千円から4千円、出張費が無料から4千円、夜間や深夜に依頼すると3千円から1万円が追加されます。さらに会社によっては部品の費用や追加作業の費用が上乗せされる場合もあります。水道会社に依頼すると思った以上に費用がかかるので、中には自分で作業をする方も多いです。自分で行う場合も作業道具や部品代などの修理費用がかかります。

トイレの修理で多く使われるラバーカップは4百円から3千円、パイプクリーナーは千円から3千円、重曹や詰まり解消剤が数百円になります。これらは主に詰まりの解消に使われる道具になります。詰まり以外のタンクやその他部品の交換となると、交換部品代や工具などの費用がかかってきます。自分で作業する場合は軽度なものなら簡単ですが、専門知識が必要な場合は水道会社に任せた方が安心です。
トイレ修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *