トイレトラブルが起こったときの修理

突然のトイレのトラブル、どう対処しますか。

トラブルとひとことで言っても、詰まり・水漏れ・故障など、さまざまなケースが想定されます。知らないうちに一番起こりうるトラブルは、水漏れでしょう。いきなり高額の水道料の請求が来て、調べてみたら水が流れっぱなしになっていたという話もありますし、トイレのどこかから水がしみ出て床が濡れているのを発見したというパターンもあります。

誤って詰まりやすい物を流してしまうと、パイプが詰まって便器から水があふれてきてしまいます。トイレは毎日使うものですし、大量の水が流れる設備なので、マンション等の集合住宅に住んでいる場合は、トラブルが起こると自分の家だけでなく階下の家にまで被害を及ぼしてしまうおそれがあり、即刻対処しなければなりません。詰まりの場合、とりあえず行いやすいのは吸引カップ(俗に言うスッポン)を使って詰まった物を取り出すという対処法でしょう。

紙など比較的細かくなりやすい物が詰まった場合は、この方法で徐々に取れてくることがあります。水漏れの場合は、どこから水が漏れているかによって対処法が変わってきます。トイレタンクへの給水パイプの接続部分から漏れている場合は、ナットを締め直せばすぐに直ることもあります。水道管のパッキンやトイレタンクの中の部品が劣化している場合は、部品交換の必要があるので、ホームセンターで入手できなければメーカーから取り寄せなければなりません。

便器自体に問題がある場合は、自己で対処するのはほぼ不可能です。自分で修理を試みてもすぐに解決しないような場合は、業者に修理を依頼するのが一番です。業者はさまざまな部品をそろえていますし、水回りのプロとして、問題のある箇所だけでなく全体の様子を見て修理してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *