古くなったトイレの修理を考えているなら

古くなったトイレは、黄ばみや黒ずみが目立ってきたり、便座の部分がくすんできたりします。

また手洗いの汚れが落とせないほど頑固になってきていることや、水道管の部分に緑色のさびや黒いさびがついていることもあります。毎日使うトイレが古くなって使用感にあふれていたり、汚れが落ちなくなってくるころには、内部の部品も劣化していることが多く、水漏れなどの不具合が出て修理が必要になってくるのも時間の問題です。トイレは、7年~10年ほどで耐用年数を迎えます。

15年くらい使っているという家庭も多いのですが、10年~15年程度経過したら交換の時期です。古くなった便座交換や水漏れ修理などを考えている、10年以上使っていて使用感や汚れが気になる場合には、リフォームを検討してはいかがでしょうか。最新式のトイレは、節水効果に優れていたり、汚れがつきにくくお手入れが楽になっていています。

節水機能が向上しているため、修理を繰り返していつかは交換をすることを考えると、早めに交換した方がコストパフォーマンスが良いことも多いです。また汚れがつきにくいコーティングがされていたり、フチなしなどお手入れが楽なタイプを選ぶと、お手入れが楽になるだけではなく、洗剤などの節約にもなります。最近では、自動洗浄や抗菌機能なども充実しており、気持ち良く使うことができるようになるので、トイレ修理を考えているなら、リフォームも視野に入れることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *