水漏れのトラブルとその修理業者の選択

水漏れのトラブルは常にどこかの家で発生しています。マンションなどの集合住宅では風呂の水の出しっぱなしや洗濯機のホースが外れて水浸しになることはよくあることです。しかし、水漏れがすごい量の場合は階下にも影響を与えてしまいます。このような時は加入している火災保険の中に、水漏れに適用している部分に適合すれば保険がおります。

適合外やオプションに入っていない場合は、修理費も含めて階下への損害賠償はすべてを自分が支払うことになります。このようなトラブルに備えて保険も確認の必要があります。小さな水漏れは、配管から水がポタポタ落ちるとか蛇口を閉めても水が止まらないようなケースですが、それでも気になります。このような時は配管に防水テープを巻くとか、蛇口のパッキンを交換してみると治ります。

それでもだめな時は修理を依頼しましょう。修理業者は地域の水道局が指定している業者、または説明がしっかりして詳細なわかりやすい見積書を発行してくれる業者を選びます。制服を清潔に保っているか、工具がきちんと整備されているかなども判断基準です。インターネットやポスティングされたチラシなどに、水漏れトラブル格安修理などと宣伝している業者には注意が必要です。

何が格安なのかわかりません。修理が必要な部分の確認と、最終的にいくらの支払金額かはっきりわかる見積書が必要です。見積書を作成した後に追加工事や部品交換などがあると、上乗せされて最終的に高額な支払いとなるケースがあります。トラブルは水回りだけにして、業者とのトラブルは避けたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *