壊れてしまったお風呂は、リフォーム。

お風呂はそう簡単に壊れてしまう場所ではありません。利用頻度が高い場所とは言え、元々作りが頑丈です。子供が多少、バスタブで暴れても素材が強固ですので、割れてしまう事はないでしょう。ただ、経年劣化でバスタブ自体が傷んでいる場合は、例外になります。

親の代から引き継いだ住宅、あるいは築数十年が経過した中古アパートや中古マンションだと、当然ですが、バスルームも比較的古めです。バスルームやバスタブがそもそも劣化していると、些細な衝撃で壁が剥がれたり、浴槽が壊れてしまう事があります。もしお風呂が何かの原因で壊れてしまった時は、リフォームサービスに電話です。リフォームサービスに事情を説明すれば、お風呂を新品に取り替えてくれます。

近代的なバスルームにリフォームすれば、生活の質が大幅に向上します。ミストサウナが使えるシステムがあったり、自動お湯はり機能があったり、曇りにくい窓ガラスに変えてもらえる、転倒防止の床に張り替えてもらえる等、リフォームする事でライフスタイルがより快適になります。また浴室暖房の機能があれば、冬場も快適ですし、洗濯物も乾かせられます。アパートやマンションによってはリフォームに関する規約が厳格に定められていますので、風呂を修理する前に、一度ルールを確認しておきたいところです。

ただ賃貸でも、いわゆる修理や改善というプラスの変化なら基本的に認められている場合が多く、大家さんも自費でする分には特に反対しないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *