水のトラブル 健康維持と人間の営み

トラブル・健康維持・人間の営みとはどのようなものでしょうか。ひとが生命を維持するのに不可欠です。安全に飲めるかどうかということは人間の健康に影響します。不衛生だとトラブルとなり病気になったり命を落とすこともあります。

この生命の維持、活動に重要な役割を果たし、体内で行われた代謝もよくなるといわれています。代謝がよくなるということダイエットにもよいということです。よく世界のスーパーモデルも1日に2リットルを飲む話を聞きます。そこまでストイックに飲まなくても食事つまり食べ物にも含まれているので、できるだけ意識して口にするようにすればよいでしょう。

調べてみると人類は古代から中世まで設備無しで生活していました。都市に住んでいても現代のように上水道が、なかったので安全に水を飲むには煮沸してから口に入れるというとても手間が必要でした。井戸までなんども往復して一日仕事でもあった。今でもその苦労をしている人たちはいます。

飲料だけではなく服を洗濯するときにも必要です。でなければ健康な生活を維持できず、さまざまなトラブルにあいます。さまざまな産業活動でも不可欠です。でなければ社会が成り立ちません。

そして近年の災害の被災者の方々から水の大切さを聞きます。現代では水道が整備されているので、その貴重さを忘れがちです。しかし改めて調べてみると今がいかに恵まれているかがわかります。また日本では湯水のごとくという言葉があるくらい資源に恵まれています。

恵まれていない地域のことを考えると感謝して飲まなければならないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *