ユニットバスでの水漏れ

ユニットバスの蛇口から水漏れが起きている場合、どのように対処することができますか。蛇口から水漏れが起きている場合、カートリッジの中に入っている切替弁が老化したために起きることが多いです。その場合カートリッジを交換する必要があります。販売店に連絡し、カートリッジを購入するようにします。

しかしながら、注意がすべきことがあります。実はユニットバスのカートリッジは、形式の更新のスパンが大変短くなっています。そのために販売店でも古いものは置かなくなってきています。もちろん製造されてから7年以内のものであれば部品は入手可能です。

ですから、製造後7年以内ならば、まず間違いなく入手することができます。しかし販売店にないならばメーカーに問い合わせてお取り寄せという形になります。そのため少し時間が必要となります。その間蛇口を使用することができなくななるので不便だといます。

しかし、それよりも問題なのは製造後7年以上経っている場合です。メーカーに在庫があるなら問題がありませんが、在庫がない場合には蛇口そのものを取り替えなければなりません。やや出費が大きくなります。また、蛇口のつけ根から水が漏れているという場合、どのような原因が考えられるでしょうか。

それは取り付け部分の緩みが水漏れの原因です。その部分をしめなおすようにします。しかし、配管が古くなってる場合には気をつける必要があります。もしかすると破損してしまう可能性があります。

そうなりますと水が噴き出してしまうということも考えられますので、十分な注意が必要といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *