集合住宅地での水漏れ対策

集合住宅地での水漏れは、早急な対応が望ましいです。アパートやマンションだと、自分だけの被害では済まなくなる可能性が大きいので注意が必要です。バスルームは防水加工されている場合がほとんどなので心配はいりませんが、そのほかの場所だと水漏れをする危険性があります。バスルームの床ほどのしっかりとした施工がされていないからです。

これは意外に知られていない事実で、実際に水漏れを経験して初めて分かることがほとんどでしょう。被害の原因はともかく、水漏れをさせた本人が賠償責任を負わなければならない、というのが集合住宅地での決まりごととなっています。水道屋に修理を依頼するのはもちろんのこと、管理会社に詳細の連絡を速やかにするべきでしょう。各階による建物全体の被害を把握する必要があるからです。

水漏れをさせた加害者の場合、階下の世帯には個人賠償責任保険で賠償が出来ます。しかし、この保険は自室の修理に当てられません。逆に被害者の場合ですと、修理費等を加害者に請求することが出来ます。被害状況は写真に撮って記録するべきでしょう。

事後の交渉を有利に進めるためにです。被害者の権利として、家財道具の弁償やリフォーム代を請求することが出来ます。そのときに気をつけるべきことは、住人同士での感情のトラブルです。こういった問題は喧嘩になりやすいので、第3者の立場として管理会社に仲介してもらうのが賢明でしょう。

冷静な話し合いが出来るので、いざこざを最小限に抑えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *