水漏れ発生時の注意点とは

住宅設備の中で最も多いトラブルに水漏れがあります。水周りの設備は使用頻度が高く、劣化も早いことが理由となります。多くの場合はゴムパッキンの劣化により、隙間から水漏れが起こるというパターンが多いものです。そしてそれは自分で直すことができるので、つい自分で対処してしまいがちになります。

けれどもここで注意しておくべきことがあります。水道の配管には常に高い水圧がかかっているものです。もちろん蛇口にも同じ水圧がかかります。そして外気の気温の差によって水道管が膨張したり、あるいは内部が凍結したりすることで水圧に変化が生じることがあります。

その変化を受けることで配管や蛇口に負荷がかかることがあるわけです。つまり、蛇口の水漏れが頻繁に起こるような場合には、蛇口の交換だけで済ませることなく配管も調べる必要があります。そのために水道修理を行う専門業者に依頼することが必要となるわけです。そのまま放置しておくと、場合によっては配管に亀裂が入り、そこから水漏れを起こす場合があります。

マンションのような集合住宅の場合は階下へ迷惑をかけることにもなるわけです。そのような事態になることを避けるために、頻繁に水漏れが発生する場合にはきちんと調べてもらうことが大事です。もちろん応急処置とし自分で直すのも良いものです。けれども定期的に配管の具合をチェックしてもらうと安心ですし、もし異常があれば手軽に対処できるので、相談することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *